開発ストーリー その3

更新日:9月23日

2020年10月6日

T氏との打合せが終わった時点では、自分が何をすべきか?は正直分かってなかった。

たぶん、分かっていたらT氏の提案したスケジュールを受け入れなかっただろう。

今、振り返ると具体貴的には下記の事を実行した。


これから自社ブランドを立ち上げると検討されている方には是非参考にして欲しい。

予定として実行した事

ブランド名の決定

ブランド名の商標登録

ブランドロゴの作成

ブランドストーリの作成

ブランドWEBページの作成(WIX)

商品の市場調査(レビューの依頼)

商品市場調査からのレビュー回収

(レビューを回収すると当然設計変更が発生する)

市場調査をした結果を商品に反映設計

反映設計された商品の製作

商品発送の配送業者選定 運送費の計算

商品発送時のパッケージ

商品を収納する為の袋の選定 及び 作成

マクアケ専用のWEBページ作成

商品の写真撮影

商品の事前広告

販売促進の広告方法について決定

自社以外の価格調査

上記の事を踏まえての単価の決定

これだけの事を2ヵ月でやるなんて、分かっていたら断っていた。

ただ、知らなかったら出来たのも事実である。

やれば出来るのだ。
予定には無かったけど、結果として実行した事

ブランドロゴの商標登録

商品の意匠出願

イラストレーターの購入

イラストレーターの簡単な操作マスター

ブランドECサイトの立上げ(WIXで作成)

商品のチラシ作成

ユーチューバーさんとのコネクション

広告代理店とのコネクション

何事も゛やってみてた経験“に勝るものはない。

広告費とはとんでもなく費用が掛かる事を思い知らされた。


最後に、上記の事を丸投げで依頼できるのが広告代理店である。

もしも、時間のない社長が取り組むなら広告代理店にお願いする手段もある。

私からのアドバイス

もしも、広告代理店にお願いし、効果を期待するなら費用は少なくとも50万円程度は必要であると考えた方がよいでしょう。

それ以下の予算なら、効果はまったく期待出来ないでしょう。

67回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示